ネルソンブログ

旅関連、飛行機関連のブログです、ガジェットも少々。

JAL、ANAともに国際観光旅客税の新設についてのお知らせが出ていました

f:id:nelson_nelson:20181213125132p:plain
 

JAL、ANAともに国際観光旅客税の新設についてのお知らせが発表されていました。

日本における国際観光旅客税の新設について - JAL国際線

日本における国際観光旅客税の新設について | ANA

この2つの航空会社に限らず、来年の1月7日以降に日本から国外へ出国する際、国際観光旅客税という税金を徴収することになっています。

人気!イチオシ!ハワイツアーならジャルパック

 

国際観光旅客税について

国際観光旅客税とは?

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための財源を確保する観点から、
「国際観光旅客税」が創設されました。
「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せする等の方法で、日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収(出国1回につき1,000円)し、これを国に納付するものです。
※国税庁サイトより抜粋

しかも、各国と結ぶ租税条約などで国籍無差別の原則があるので、外国人、日本人とわず徴収されることになります。
しかも出国するたびに徴収されるため、出張で国外にしょっちゅう行かなくてはならない人などは痛手となりますね。

いつから?

2019年1月7日(月)以降に発券かつ搭乗分より

 ※適用開始日より前に購入された航空券を、適用開始日以降に変更された場合も適用となります。
と注意書きがあるので、開始日以前に予約、発券したチケットについては徴収されない、ということなんでしょうね。

税額

1,000円(消費税対象外)

2歳未満の幼児は非課税だそうです。

支払い方法

航空券発券時に運賃と合わせて徴収

つまり、15,000円のチケットだった場合、問答無用で16,000円になってしまうんですね。

JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

 

疑問点

国際観光旅客税についていろいろ疑問に思うことがあったので調べた事をまとめておきます。

国税庁のサイトにQ&Aがあったので一部抜粋して貼り付けておきます。

国際観光旅客の定義は?また非課税対象の人はいるのか?

f:id:nelson_nelson:20181213174843j:plain

基本的に日本から出国する人全員が対象となっており、(注3)にあるとおり、観光旅客のほか、ビジネス、公務、就業、留学、医療などの目的で出国する場合も対象となっています。

また、非課税の対象となる人についてはまとめた表がありました。

f:id:nelson_nelson:20181213175404j:plain

これによると、飛行機のパイロットやCAの人などのいわゆる乗組員は不課税となっていますね(あたりまえですが)。また船で領海外に出ることもある遠洋漁業者も不課税となっていますね。
そして非課税枠に、2歳未満の者が対象となっていますが、加えて注目すべき点として、乗継旅客(入国後24時間以内に出国する者)とあります。
ここは後述のトランジットの部分で説明したいと思います。

1人で複数の座席を購入した場合(大きい荷物等があるため)はどうなるのか?

f:id:nelson_nelson:20181213181526j:plain

 この場合は人間単位になるので、出国する人数分しか徴収されないみたいですね、よかった!

プライベートジェットを持っているような人が海外に行く場合はどうなるのか?

f:id:nelson_nelson:20181213181514j:plain

やっぱりプライベートジェットを使用した場合でも徴収されるようですね。まあ当然といっては当然ですが・・・

トランジットとして日本に一時入国し、また出国する場合も徴収されるのか?

f:id:nelson_nelson:20181213181424j:plain

 トランジットで日本に入国した場合、24時間以内に出国すれば国際観光旅客税は課されないみたいですね。これはよかった!
これならば、海外発券で日本滞在時間が数時間しかないような行程で飛行機の乗り継ぎを行ったときなどは、無駄に税金を払わなくて済みますからね!

と書いていてもう少し調べたら以下の条件があることがわかりました。

f:id:nelson_nelson:20181213184127j:plain

一の航空券があること、というのは本当にトランジットで日本に寄ってるんだよ、ということの証明だろうし分かる気がします。

あとの、本邦に入国する直前の出発空港と本邦から出国した直後の到着空港が同一の空港である場合は、「国際観光旅客税」の非課税対象となる「乗継旅客」に該当しません。というのがくせもので、先ほど書いた海外発券で日本を一時滞在先にした場合で、例えば

  • シンガポール→日本→シンガポール

といった形だと非課税の対象にならないという事ですよね。
なので、対応としては、

  • シンガポール→日本→マレーシア

などの変形した旅券の取り方をしないといけないみたいです。

まとめ

LCCなどの格安チケットを購入した時にも同じように徴収されるため、割高感が感じられることとなってしまいますね。

2019年1月7日以前に発券したチケットについては徴収の対象になっていないので、来年海外に行かれる予定がある人は、あとに残しておかずに早めに予約、購入してしまっておいたほうがいいですね。

また、事前に購入しておいたチケットでも、2019年1月7日よりあとに変更した場合は徴収の対象となっていたので注意が必要ですね。

 日本に滞在が24時間以内なら対象にならないという利点を生かして、SFCまたはJGC修行の人は海外発券を利用した形をより多く取り入れ(日本の空港の前後の空港は別にする必要がありますが)、日本に滞在する時間を少なくすることで、少しでも金額を抑える方法を考慮する必要がありそうですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 航空券・格安航空券へ
にほんブログ村